アスクスポーツ ブリスターフェンダー フルセット

欲しいものの一つでしたが、廃盤になってしまいました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【型番】

【定価】 FRP製   ¥198,000 (税別)

【その他】
2016年2月 廃盤を確認

部品詳細(メーカーホームページより)

 




アスクスポーツ FRP製エンジンフード

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アスクスポーツ エンジンフード

【商品概要】

【型番】

【定価】 FRP製   ¥59,800 (税別)

【備考】
2016年2月 廃盤を確認

■軽量、強度、ロープライスを目指したFRP製!

■ダクト穴は最大限に開けているので後方確認も大丈夫!更に市販のバックアイカメラを取り付けることで完璧です。

■流れるボディラインがリアビューの美しいMR2を演出します。

■取り付けステー付です。

 




アスクスポーツ 純正形状トランクフード

カーボン製、カーボン+FRP製、FRP製がありました。

造りはいまいちで、ペラペラとの評価が多かったです。GTウイングを取り付けられるほどの強度はなかったものと考えられます。

フィッティングは問題ないようです。

すでに廃盤品です。

これでカーボントランクの入手先は唯一、エアウォーカーのみとなりました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【製品概要】

■MR2の弱点である、リアの軽量化の重要なパーツです。

■GTウイングも装着できます。

■FRP製(白ゲルコート)は純正約10kgに対し約6.5kgの軽量化

■カーボン製 + FRP 49,800円 純正約10kgに対し約6.5kgの軽量化

■カーボン製  59,800円 純正約10kgに対し約7.4kgの軽量化

【型番】

【定価】 カーボン ¥59,800 (税別)      FRP   ¥39,800 (税別)

【備考】
2016年2月 廃盤を確認

部品詳細(メーカーホームページより)

 




パワーFC 3S-GTE用

パワーfc

MR2専用品です。

中古品。予備用。

【型番】

【定価】

【購入価格】 

【購入ルート】 Yahoo!オークション

【備考】

廃盤を確認済み

詳細は不明ですが、ボーダーレーシングより、パワーFC固定プレート (型番 : PA.PFC.SW  定価 : ¥4,000(税抜)) の設定があります。

 




エンジン不調

【車種】
GT-S

【発生場所】

【症状】
初期症状は、ブーストがかからなくなりました。その後、悪化し、エンジンが吹けなくなり、走行中にエンストするようになりました。ほぼ、走行不能の状態になりました。

マフラー内部にススが多数発生していることから、吸気系の不具合だと推測しました。あるいは、コンピューターの不具合も可能性に含めました。

【原因】
純正バキュームホースの経年劣化でした。

ホースの不具合1

プレッシャーセンサーに向かうホースの亀裂

ホースの不具合2

サージタンクに向かうホースの亀裂

【修理または対策】

発生したのは3ヶ月ほど前のことになります。

初めは、コンピューターの不具合だと判断し、Ⅳ型のコンピューターに付け替えました。
しかし、不運なことに、当時はⅣ型もエンジンがかからない状態でしたので、新品のフリーダムコンピューターを購入しました。
それでも、症状は治らなかったため、吊るしのものはダメなのかと思い、中古のパワーFCを2台購入しました。
いずれもダメでした。

残るは、吸気系だと判断し、まずはプレッシャーセンサーを新品に交換しました。
しかし、症状は変わらず。

ブーストかからないため、ターボパイプの亀裂も視野に入れ、クスコのアルミ製ターボパイプに交換しました。
しかし、変化なし。

ブリッツのブローオフバルブも中古品を入手し、交換。
変化なし。

悩みに悩み、目視による、エンジンルームの点検に取り掛かりました。もう、ホース類か、インタークーラーの破損くらいしか考えつきませんでした。

バキュームホースを1本1本確認したところ、2本のホースに不具合を発見しました。
1本はサージタンクに向かうホース。もう1本は、プレッシャーホースに向かうホースでした。プレッシャーホースに向かうホースの中間にブーストコントローラー用の三俣を取り付けていました。そこの部分に大きな破損が見つかりました。

ホースを手持ちのものに交換したところ完治。

久しぶりにターボパワーを堪能しました。

SW20は、製造から20年ほど経つ車です。バキュームホースはSARDなどのメーカーの信頼性のあるシリコンホースに交換することを推奨します。全数交換を推奨します。

【修理費用】
ホースだけだったら数百円ですが、いろいろと試行錯誤のために交換しました。おそらく、20万程度と思われます。

 




コーキングの唯一の剥がし方

コーキングも雨漏り箇所に塗布したりすればとても有用です。

特にMR2やZ32の場合、Tバーの雨漏りには悩まされます。だから、コーキングしてしまう方もいます。

でも、塗布したものの、やっぱり純正の状態がいいからと、きれいに取りたいと思うこともあります。

うっかり内装に付けてしまって取れなくなってしまった方もいると思います。

これは秘伝なのですが・・・。

きれいに取る唯一の方法があります。というか、唯一の商品です。

ウチのMR2も買った時に残念ながら、なぜかダッシュボードにコーキングが付いていました。

指でこするも完全には取れませんでした。何かいい方法はないかいろいろと試しましたがダメでした。

ところが、オレンジ系のディゾルビットを使ったら。

取れるではないですか!

ディゾルビットをコーキングに数分付けて、布でこすります。すると、ゼリー状になりボロボロと落ちました。

香りもとてもいいし、いろいろな油汚れもきれいに落ちます。まさに、万能洗剤とも言えます。

 




和光ケミカル スーパーハード

スーパーハード

カーボンパーツの保護用に購入しました。

ワックスだとカーボンパーツの樹脂が劣化して、白く濁ってしまうことがありますが、これは、カーボンパーツにも安心して使えます。

一時的ではありますが、劣化したカーボンパーツの樹脂の透明感も戻ります。

簡単に塗布できますが、夏場は虫が付いてしまうのが残念です。機能的には、和光のものなので申し分ありません。

樹脂パーツにも勿論おすすめです。

 




強化ATなら

お勧めは「株式会社シュヴェーレン」

どちらかというとZ32の話になるのですが、Z32は3000ccターボなので大きなポテンシャルを秘めています。

チューン次第では、軽く500PSオーバーも可能です。

しかし、そうなるとオートマがついていかなくなります。

確か、記憶ではシュヴェーレンさんは500PSにも耐えうる強化ATを製作してくれたと思います。

【住所】
東京都 墨田区東向島2-4-1

【電話番号】
03-3617-5791

【ホームページ】
http://www.schworen.co.jp/

 




メーター修理に

お勧めは「モビーディック」

SW20はタコメーターがよく故障します。

Ⅰ型のものを除き、割と中古のメーターも出回っています。

しかし、それもいつまで続くかわかりません。

モビーディックさんはメーターの修理では有名です。以前、何かの雑誌で取り上げられていた記憶があります。

記憶はあいまいですが、確か町工場のような小さなお店ではありますが、確かな技術を持っていると紹介されていた気がします。

カスタマイズもしてくれるので、修理ついでにカスタマイズもいかがですか?

【住所】
東京都板橋区板橋3-28-12

【電話番号】
03-5375-4487

【ホームページ】
http://www.moby-d.com/jcar1.php#Z

 

もう1件は、「日本計器サービス」です。

こちらも、以前雑誌に紹介されていた記憶があります。

メーターの専門家で、世田谷の町工場です。日本の町工場の技術は信頼できます。

【住所】
東京都世田谷区深沢5-36-9

【電話番号】
03-3704-3173

【ホームページ】
http://www.autocar.jp/specialshop/2012/05/25/112370/

 




和光ケミカル フューエルワン

車に長期間乗らないと燃料系統がやられてしまいます。

それを防ぐためにかかせないのが、フューエルワンです。

ガソリンの劣化を防いでくれるだけではなく、燃料系統のサビもふせいでくれます。

SW20の配管もいつまで供給されるかわかりません。

今回ボクのSW20は配管の修理に17万程度かかりました。

対策は早めに始めた方がいいと思われます。

基本的に、和光のものは高性能で安心して使えるために愛用しています。