Nakamichi CD-200s

DSCN5919

スレーブ機です。大分昔にコレクション用として購入したものです。

RCA接続にてどんなデッキにも接続できます。
ホームアンプにて接続してみましたが、なかなかの音質でした。
今見るとシンプルかつシックなデザインでかえって魅力的です。

【仕様】 詳細不明

【型番】 CD-200s

【定価】

【購入価格】

【購入ルート】

【備考】

 




Nakamichi MD-30z

DSCN5935

DSCN5923

スレーブ機です。大分昔にコレクション用として購入したものです。

RCA接続にてどんなデッキにも接続できます。
ホームアンプにて接続してみましたが、なかなかの音質でした。
今見るとシンプルかつシックなデザインでかえって魅力的です。

【仕様】  詳細不明

【型番】  MD30-z

【定価】   ¥ 52,000

【購入価格】

【購入ルート】

【備考】
24bit DACを搭載

 




ADDZEST MRX8575Z + CDS8655Z

DSCN5841

DSCN5845

買った中古車に付いてきました。

真ん中をつまんだような変わったデザインです。

照明は明るいのですが、表示はごちゃごちゃしています。

 

【仕様】  詳細不明

【型番】  MRX8575Z + CDS8655Z

【定価】   不明

【購入価格】

【購入ルート】

 

 

 

 

アルパイン CDE-145J

アルパインのオーディオ
サニトラ、取付け状況

アルパインオーディオ
リピート購入(2016年3月)

一昔前。ボクが社会人になった頃はカーオーディオはとても高くてなかなか手がでませんでした。

中国製との競争もあるため、各メーカーとも最近はとても安くなりました。

安い分、メーカーの話によるとカーオーディオは作れば作るほど赤字になってしまうのだとか?

それで、SONYなどカーオーディオの製造から撤退する企業も出れば、事業を縮小している企業もあります。

それにカーナビが主流のため一層売れなくなっているのだとか。

カーオーディオに関しては、選択肢は狭くなる一方です。

この機種も値段の割になかなか音質はいいです。

ただ、うるさいボクのサニトラにはもったいない気もします。

まぁ、安かったからいいか。

 

【後日談】

サンバーのデッキが壊れてしまったので、サンバー用にリピート購入しました。

KENWOOD U383MS

なくま

USBが使えるところはいいと思います。

値段的に音質は期待できないでしょう。

(仕様)

【USB I/F部】
USB規格 USB1.1/2.0(full speed対応)
ファイルシステム FAT12/16/32
最大供給電流 DC5V(DC logo)1A
MP3デコード MPEG-1/2 Audio Layer-3準拠
WMAデコード Windows MediaTM Audio準拠
AACデコード AAC-LC形式“.m4a”ファイル
FLACファイル ○
【オーディオ部】
最大出力 50W×4
定格出力 30W×4(4Ω、1kHz、10%THD以下)

 

【後日談】

約3年後の2016年2月 電源が入らなくなり使用できなくなりました。

初期症状はUSBの読み込み不良が続きました。そのあと、再起動のため電源を切ったら、もはや電源が入らなくなりました。

値段の割に、だいぶ活躍してもらいました。お疲れ様でした。



Clarion DUB275MP

26252

デザインとUSBが使えるので選びました。

音質は普通です。

 

【仕様】
(CDプレーヤー部)
SN比 85dB

(オーディオ部)
定格出力 19W×4
最大出力 50W×4

【型番】 DUB275MP

【定価】

【購入価格】

【購入ルート】 楽天市場

 

 



ADDZEST VAX7350

634

74523

アナログテレビ+カセットテープ

おもにカセットテープを聞いていました。

C-BUS接続によりCDチェンジャーもコントロールできました。

別体のナビも取り付けて制御することができましたが、ビンボーで買えませんでした。

アナログメーター風のグラフィックイコライザーが結構気に入っていました。

他にも待機画面でいろいろなものがありましたが、当時の物なので、今見ると解像度は低くあまりきれいではありません。