Power Mac G3 (Blue & White)

1024px-Apple_Yosemite

コードネーム :
製造 :
搭載OS :
CPU :  350、400、または 450 MHz PowerPC G3 プロセッサ
メモリ :  64 MB または 128 MB / 最大1 GB
ロジックボード : Yosemite

Power Macintosh G3(Blue&White)は、1999年の初頭に発売されました。それまでのタワー型の概念を完全に覆す形状、材質、色使い、画期的な開閉機構を 有していました。ポリカーボネイトを外装に利用した、丸みをおびた半透明のデザインを採用しています。四隅にハンドルを配し、青緑色と半透明の乳白色のツートンカラーで、その形状と質感からポリタンクと呼ばれています。

G3のボディーデザインが機能的に最も優れている点は、右側面の上部にある取っ手に指をかけて手前に少し引くだけで、側面パネルがドアのよう に開く機構です。ロジックボードの取り付けてある側面を簡単に展開することができます。そのため内部部品の盗難防止や、子どもがいたずらなどで開けないよう、鍵が掛けられるようになっています。

 

【ウチの Power Mac G3 (Blue & White) 】

 

【主な仕様】

プロセッサ
・350、400、または 450 MHz PowerPC G3 プロセッサ

メモリ
・64 MB または 128 MB の PC100 準拠 SDRAM
・ DIMM スロット× 4 基で PC100 準拠 SDRAM を最大 1 GB までサポート

ドライブ
・ハードディスクドライブ 6 GB Ultra ATA または、 12 GB Ultra ATA
・PCI カード内蔵約 9 GB Ultra2 Wide SCSI
・32 倍速(最大)CD-ROM ドライブ、または5 倍速(最大)DVD-ROM ドライブ
・ Zip ドライブ(一部機種のみ)
・ Ultra Wide SCSI および Ultra2 Wide SCSI ドライブ用拡張ベイ× 3 基

インタフェース

・ 接続ポート
・400 Mbps FireWire ポート× 2
・12 Mbps USB (Universal Serial Bus) ポート× 2
・ADB (Apple Desktop Bus) ポート

・通信機能
・10/100BASE-T Ethernet コネクタ内蔵
・Apple 56K V.90 内蔵モデム(別売り)(56 kbps モデム、K56flex / V.90 対応)

・拡張性
・PCI 拡張スロット× 4 基
・サウンド

・16 ビットステレオサウンド入出力用ミニジャック
・内蔵スピーカ

グラフィック
SDRAM グラフィックメモリ 16 MB 搭載の ATI RAGE128 グラフィックカード。
・32 bpp で最高 1,600 × 1,200 ピクセルまでの解像度をサポート(約 1,670 万色)

 

 

 

MACのパーツでお困りの時は・・・。


PowerMac 8600

apple_powermac_8600

コードネーム :  Kansas
製造 :
搭載OS : 漢字Talk 7.5.5
CPU :  PowerPC 604e  200MHz
メモリ :  32MB / 最大512MB (168pin DIMM x 8)
ロジックボード :

Power Macintosh 8600/200/ZIPは、大容量の画像や様々なメディアを扱う分野でも、特に高度なマルチメディア性能を必要とする方のためのコンピュータです。

Power Macintosh 8600/200/ZIPに搭載された、200MHzのPowerPC 604eマイクロプロセッサは、取り外し可能なカード上に装着されているため、簡単にアップグレードすることができます。

この製品には、Iomega社製Zipドライブが搭載されています。また、放送映像に迫る高品質な内蔵ビデオ入出力機能や、高解像度グラフィックス、AVデータの転送に対応したハードディスクドライブ、12倍速のCD-ROMドライブなど、クォリティの高いマルチメディアデータ作成に最適なAV機能が充実しました。

拡張性においても、PCIスロットを3基装備していますので、グラフィックス、周辺機器への接続など、様々な用途のためのPCIカードが利用できます。なお、Power Macintosh 8600/200/ZIPは、電源も大容量化が図られています。本体パネルは容易に取り外しができ、PCI拡張カードやメモリの増設も簡単に行えます。

Power Macintosh 8600/200/ZIPは、メディアオーサリング処理やビデオ編集、CAD、画像解析などを扱うプロフェッショナルユーザに最適なコンピュータです。

 

【ウチの Power Macintosh 8600 】

 

【主な仕様】
200MHzのPowerPC 604eマイクロプロセッサを搭載

メモリ :
32MBのRAMを標準実装、512MBまで拡張可能

内蔵デバイス :
2GBの内蔵ハードディスクドライブを標準実装
12倍速のCD-ROMドライブを標準実装

モニタ :
オンボード上に2MBのVRAMを装備、最大4MBまで拡張可能
最大1,280×1,024ピクセルの解像度で表示可能

通信/マルチメディア機能 :
64ビットのVRAMグラフィックスサブシステムを搭載
シリアルポート
12倍速のCD-ROMドライブを内蔵
16ビットステレオサウンド入出力
24ビットコンポジットおよびSビデオ入出力

拡張性 :
Iomega社製のZipドライブを標準実装
周辺機器接続用ポート17基
PCI拡張スロット3基
外付けのハードディスク、CD-ROMドライブなどの装置を接続するためのSCSIポート
オンボードEthernet機能

 

【製品構成】

Power Macintosh 8600/200/ZIPパーソナルコンピュータ
Apple Desktop BusマウスII
Apple PlainTalkマイクロフォン
電源ケーブル
漢字Talk 7.5 バージョン7.5.5 CD-ROM
Apple Internetスタータキット
STRATA VIDEOShop
Making of サクラ大戦 CD-ROM
Scientific Attractiveサンプルショーケース CD-ROM
マニュアル一式
サービス保証書

 

 

 

MACのパーツでお困りの時は・・・。


Sonnet Crescendo PCI G4 700MHz-1M

DSCN5046

Motorola社製745XシリーズのG4チップと256KのL2キャッシュおよび1MBのL3キャッシュが搭載されていて、オリジナルシステムのプロセッサ性能が最高で3倍に向上するそうです。

 

対応機種 :
Power Mac 7300, 7500, 7600, 85xx, 8600, 95xx(9500/180MPを含む)
9600(9600/200/MPを含む)
UMAX J700/S900

 

 

 

 

MACのパーツでお困りの時は・・・。


Performa 6410

パフォーマシリーズとして初めてのタワー型筐体で登場したマシン

performa6400

コードネーム : Hacksaw
製造 : 1996年~1997年
搭載OS : 漢字Talk 7.5.3
CPU : Power PC 603e 180MHz
メモリ : 16MB / 最大136MB (168pin DIMM x 2)
ロジックボード : Alchemy

Performa 6400シリーズは、米国でPower Macintosh 6400としても発売されましたが、日本国内ではPerformaシリーズのみの展開となりました。最上位のPerforma 6420は、コンポジットビデオの入出力機能を備え、17インチの専用カラーモニターも付属するなど、個性的なマシンに仕上がっていました。

その中身はロジックボードにAlchemyを採用し、PCIバスを2基搭載、メモリも大容量のDIMMを搭載し、HDはIDEで1.6GBありました。前面パネルを外すことで、より大きな容量のHDとの交換が容易となっています。

Apple としての製品コンセプトは「ホームオフィス」。そのためのバンドルソフトや機能は、必要にして充分だったと言えるでしょう。内蔵するビデオキャプチャーカードは、アップルと米アビッド テクノロジー社の共同開発で、ビデオ編集アプリの「Avid Cinema」が標準で付属していました。

付属のカラーCRTモニター「Apple Vision 1710AV」は、大口径のステレオスピーカーとサブウーハーを内蔵していました。ボディーは、ほかのどのMacにも似ていない独特なデザインで、かなり大きめのタワー型でした。重量もかなりのものです。タワーを構成する各面が微妙な曲線を帯びているほか、天井部分がカマボコの形状をしており、全体的には食パン型と評されることもありました。または、その外観から「オバQ」とも呼ばれていました。この時代他のDOS/Vマシンが四角四面で、ビジネスマシン傾向一辺倒だった外観に比べて、細かなデザインセンスが盛り込まれた造形を持っていました。

アップルの方針転換もあって、1996年8月に発売されたPerforma6400シリーズも、1997年7月いっぱいで販売が終了してしまいました。その意味での製品寿命はわずか1年でした。ただし、日本未発売モデルのPower Macintosh 6500は、この食パン風タワー型ボディーを備えたマシンとして、1998年3月まで生き延びることになりました。

G3カードを使えば、OSを9.1にアップグレードしても実用に耐える性能です。

 

【ウチの Performa 6410 】

Power Mac 5500/225のマザーボート、「Gazelle」を流用済。
GazelleはATI・Mach64・グラフィックアクセラレータチップを採用しているため、1280×1024ドットの解像度表示を行えるようになりました。

 

【主な仕様】
CPU : Power PC 603e 180MHz
二次キャッシュメモリ : オプション
メモリ : 16MB / 最大136MB(168pin DIMM x 2)
内蔵ハードディスク : 1.6GB(IDE方式)
CD-ROMドライブ : 8倍速(トレイ式)
モニタ Apple : マルチスキャン15AV または AppleVision1710AV
解像度 :640×480、800×600、832×624、1,024×768
最大表示色数 : 32,768色
(表示解像度を832×624、1,024×768に設定したときは256色)
ステレオスピーカ :本体内蔵:サブウーハー
キーボード AppleキーボードII JIS (付属)
内蔵ファクスモデム : 28.8Kbps(GeoPort) 留守番電話機能を搭載しています。
ビデオ入力 :オプション
TV/FMラジオチューナ : オプション

【付属ソフト】
3Dアトラス 、ANGEL SOFT、Performaツアー、VTX for Macintosh
アップルインターネットダイアラ、NIFTY Manager
宛名職人、Adobe PageMill
クラリスワークス、AI将棋、コーパス毛筆書体集
マインドストーム-TOEIC
乗換案内全国版、クラリスインパクト
フリーアートおためし版、桃源紀行
マジックハット100ジュニアII ティ・ブレイク
研究社新英和・和英中辞典、もぐらたたキー
岩波国語辞典第五版、クラリスメールLite
NewsWatcher-J16 Fetch、Netscape Navigotor

 

 

 

MACのパーツでお困りの時は・・・。