製図道具 (イギリス式)

ボクが本格的に図面書きを始めたのは、高校生の時からです。
図面描きがホント好きで、家に帰ってきては遊びにも行かないで、ひたすら製図の練習をしていました。

現在はその延長で船舶設計をしています。

きれいな図面には味があり、また、芸術的な美しさがあります。

手描き図面のノウハウは時代と共に失われつつあります。それは、とても残念なことです。

道具からして製図道具には今の道具にはない味があります。

また、近頃の設計者はCADしか経験していませんが、多くの設計者が口をそろえて言うように、手描きの図面を引けなければ一流とは言えません。

手描きの作図には時折、図学を理解していないと無理なこともあります。その図学のノウハウはCADになった今でも役立つときがあります。

ボクはいくつかの3次元CADも使えますが、2次元CADも手描きもできないと一流ではないと思っています。

 

製図道具には大きく分けてドイツ式とイギリス式があります。

ドイツ製で有名なのは、ロットリングとステッドラーです。
ロットリングはとても有名なので、「ロットリング」というと製図ペンを指すものと勘違いしている人もいますが、ドイツの会社名です。

ドイツ式は大量生産されているため品質が安定しています。

ボクが好きなのはイギリス式です。もはや芸術品の領域の美しさがあります。

イギリス式は本来は職人が手作業で作っていました。そのため、1つ1つが微妙に違います。

残念ながら時代と共に製造を中止するメーカーが増えていてます。いずれは骨董品として扱われる時代が来ることでしょう。

 

・カラス口

DSCN4887

先
武田製 カラス口

先がカラスの口に似ているためカラス口と呼ばれています。

墨入れに使います。

先端はオイルストーンを使って、極端な表現かもしれませんがカミソリの刃ほどに研ぎます。それぐらい先を鋭くして使います。そうしないとシャープなエッジが出ません。

線の太さはツマミにより自在に調節できます。
紙に試し書きをしながら求める線幅にしていきます。
慣れれば見ただけで書かれた線の太さを判別できます。慣れない人は、「線幅ゲージ」を使って線の太さを調節します。

カラス口を使って上質なケント紙に書かれた線の美しさは現在のどんなプリンターも凌ぐと思います。

材質はコバルト鋼、ハイスピード鋼、ステンレス鋼などがありました。

コバルト鋼は一番丈夫です。ステンレスのものは割と安価で手入れが簡単なので、初心者向けです。

 

 

・大型コンパス

DSCN4884
武田製 コンパス

先端をエンピツ(芯)、カラス口、針に交換できます。デバイダーとしても使用できます。

 

 

・比例コンパス

比例コンパス
武田製 比例コンパス

 

 

(随時更新予定です。)

 

 




follow us in feedly


製図道具 (ドイツ式)

ドイツ製で有名なのは、本場ドイツのロットリングとステッドラーです。
それぞれ何シリーズかのコンパスがあったと記憶していますが、ほとんどの機種で、ロットリングは部分的にワインレッドのような色の樹脂部品を採用しているためすぐわかりますし、ステッドラーは部分的に青の樹脂部品を採用しています。

 

・製図ペン

DSCN4893
ロットリング製 製図ペン ラピッドグラフ
線の美しさはカラス口にはかないませんが、どんな人でもそれなりにきれいな線がかけます。

 

 

・カラス口

DSCN4903
ロットリング製 カラス口

DSCN4907
KENT(内田洋行)製 カラス口

DSCN4958
ステッドラー製 カラス口

ドイツ式の場合は、すべてのものではないのかもしれませんが、先端が開き、掃除しやすくなっています。

やはり先端は、エンピツ(芯)にも交換できますし、シャープに交換できるものもあります。

先端の大きさによって、得意とする線の太さがありますので、何種類かは必要になります。

 

 

・大型コンパス

DSCN4898
ロットリング製 大型コンパス

DSCN4952
ステッドラー製 大型コンパス

 

 

・中車式中型コンパス

DSCN4968
ステッドラー製 中車式中型コンパス

操作スピードは落ちますが、微調整が効くため精密な円を描くのに使用します。大きさによって得意とする径の円がありますので、コンパスも何種類かは必ず必要となります。

 

 

・デバイダー

DSCN4901
ロットリング製 デバイダー

寸法を移し取るのに使用します。
製図とは分野は違いますが、海図を読み解くのにも使用するようで、船舶の備品として海図と一緒に納入します。

 

 

・ドロップコンパス

DSCN4964
ステッドラー製 ドロップコンパス

DSCN4909
KENT(内田洋行)製 ドロップコンパス

きわめて小さな円を描くのに使用します。
扱いがとても難しく、きれいな円を描くのは困難です。
経験上、テンプレートを使用して製図ペンで描いてしまった方が楽できれいに描けます。

 

 

・単頭回転カラス口

DSCN4912
自由曲線を描くのに使用します。主に地図の製図に使用します。

扱いにはそれなりに熟練を要します。

 

 

(随時更新予定です。)




follow us in feedly


製図道具 (その他)

・字消し板

DSCN4899
ロットリング製 字消し板

文字通り、線を消すのに使用します。一般の方も一枚あると何かと重宝します。

 

 

(随時更新予定です。)




follow us in feedly