中島 キ43-II 一式戦闘機 隼

中島97式戦闘機(キ27)が制式採用となった昭和12年12月、陸軍は中島1社に対して次期戦闘機(キ43)の試作指示を出しました。翌年の12月試作1号機が完成、テスト飛行の結果、97式戦闘機と比較して最大速度が30km/hほど上回るものの、運動性が劣り次期戦闘機としては力不足でした。その後、翼面積の変更、エンジンの換装などいろいろな改修がおこなわれ、昭和15年9月までに13機(試作機3、増加試作機 10)が完成しましたが、格闘戦至上主義の軍を納得させることは出来ませんでした。しかし、そのころ参謀本部では南方侵攻作戦でシンガポール攻略には船団を援護する大航続力の戦闘機が必要と考えており、不合格のレッテルを貼られる寸前のキ43に、遠距離戦闘機として活路が見いだされたのです。昭和16年4 月には改修機がテストされ要求の航続力も得られ、また、格闘戦も垂直面では優れていたため昭和16年5月一式戦闘機として制式採用が決まり、同年の6月から8月にかけて約30機のI型を飛行第59戦隊が受領しました。隼I型は主にビルマ方面に投入され緒戦の快進撃におおいに貢献したのです。

一式戦闘機II型はエンジンをハ115に換装、機体デザインが洗練され、諸性能の向上を図ったタイプで、II型が実戦配備となるとバッファロー、ハリケーン、P-40等を相手に優位に戦っていましたが、後のスピットファイア、P-38などには苦戦を強いられました。しかし、当時陸軍戦闘機の中でもっとも取り扱いが容易で、稼働率も高かったため終戦まで量産が続けられました。

《データ》乗員:1名、全幅:10.84m、全長:8.92m(水平姿勢)、全高:3.27m(水平姿勢)、主翼面積:21.4m2、全備重量:2,590kg、エンジン:中島 ハ115、離昇出力:1,120hp、最大速度:515km/h/6,000m、武装:12.7mm機関砲x2

川崎 キ61-I 丁 三式戦闘機 飛燕

三式戦闘機 飛燕は、太平洋戦争で活躍した日本戦闘機の中で、唯一の液冷戦闘機です。空気抵抗と重量の軽減に努力を払った結果、速度と運動性の双方を最大限に発揮できるバランスの良い機体として完成し、昭和18年に制式採用されました。

しかし、基礎工業力の無さから来る生産の不手際と、整備の不慣れによるハ40液冷エンジンの不調が本機の泣き所でした。

それでもフィリピンやニューギニア、そして本土防空戦で戦果をあげています。特に本土防空戦では安定した部品供給とベテラン整備員の働きにより高い稼働率を維持し、また他の日本機に比べ高空性能が良かったため、対B-29戦闘に奮戦しています。

とりわけ、飛行第244戦隊では陸軍史上最年少の戦隊長、小林照彦大尉を筆頭に激しい戦いぶりを見せ、終戦までにB-29を160機以上撃墜し、随一の部隊戦果を誇りました。

キットは完全新金型で丙型を再現いたします。1/32スケールに適した彫刻の密度、多数のパーツで構成されたコクピット再現などが見所です。

主翼と胴体の取付部分には、お馴染みの大型桁部品を使用していますので、確実な位置決めが可能です。風防は閉状態用のワンピースタイプと、開状態用の3分割タイプの2種をセット。

着座姿勢のフィギュアが1体付属。頭部パーツは酸素マスク有り・無しの2種を用意。デカールは飛行第244戦隊 戦隊長 小林 照彦大尉乗機「295」(調布飛行場:1945年1月)と、他2種です。

《実機データ》
乗員:1名、全幅:12.00m、全長:8.74m、全高:3.70m、エンジン:ハ-40、出力:1,100hp/4,200m、最大速度:580km/h(高度5,000m)、武装:20mm砲x2、12.7mm銃x2

中島 キ84 四式戦闘機 疾風

四式戦闘機 疾風(キ-84)は、九七戦(キ-27)、隼(キ-43)、鍾馗(キ-44)の陸軍主力戦闘機を生んだ名門、中島によって生産された戦闘機で、2000馬力級のハ45エンジンを搭載し、速度、操縦性に優れ、また強力な武装と防弾を合わせ持っていました。

昭和19年3月末に制式採用が決定すると、”大東亜決戦機”と称して生産され、中国大陸、フィリピン、沖縄、本土防衛に奮戦しました。 特に中国大陸では、P-51などに対して互角以上の戦闘で、一時的でしたが、制空権を奪回したほどの活躍ぶりでした。

しかし、量産に入ってから材質、工作技術の低下、それにともなったエンジンなどの性能不調の問題が発生しましたが、悪条件の中、零戦、隼に注ぐ3,500機ほどが生産されました。

戦後、疾風はアメリカでテストされ、「太平洋戦争に登場した日本戦闘機中最優秀機」と絶賛されました。

《データ》
乗員:1名、全幅:11.238m、全長:9.920m、 全高:3.385m、全備重量:3,890kg、エンジン:ハ45-21、 離昇出力:2000馬力、最大速度:624km/h(高度6,500m)、 武装:12.7mm機関砲×2、20mm機関砲×2

三菱 G4M2E 一式陸上攻撃機 24型丁 w/桜花 11型

一式陸上攻撃機は、九六式陸上攻撃機の後継機として設計され、試作1号機の初飛行が昭和14年10月23日におこなわれました。当時の海軍の要求は偵察過荷重状態における最大航続距離4,185km、爆弾または魚雷搭載量800kgの攻撃過荷重状態における最大航続距離3,704km、という過酷なもので、まず航続力を増加するために主翼構造の一部を油密に造り構造をそのままタンクにする、インテグラルタンクを採用、主翼内に多量の燃料を搭載するようにしました。特長でもある葉巻型の太い胴体は爆弾倉を胴体内に設置し、空気力学的にみて十分抵抗を減少させており、独創的かつ卓越した設計により、軍の要求を越えた性能をもつ機体となりました。しかし、後にインテグラルタンクが、一式陸上攻撃機の弱点となり、主翼へのわずかの被弾でも発火し、空戦での被害が多くなりました。各型合計の総生産数は約2,400機でした。

【24型丁(G4M2E)について】
爆弾倉がはずされ中央部に桜花一一型1機を搭載可能にしたタイプで、操縦席、燃料タンクなどに防弾鋼板を設けたため桜花搭載時の全備重量が増大し、飛行性能が低下して、桜花発進前に撃墜されることが多く桜花の母機としての役割はあまり果たせませんでした。(パッケージイラストの桜花(I-13)発進の場面は架空のものです。)

(データ24型丁 G4M2E) 乗員:7名、全長:19.63m、全幅:24.89m、全高:4.11m、正規全備重量:15,500kg、最大速度:396km/h 高度4,600m、エンジン:火星25型 x2、離昇出力:1,850HP、武装:20mm 機銃×4、7.7mm 機銃×1

(データ桜花一一型) 乗員:1名、全長:6.066m、全幅:5.12m、全高:1.16m 、全備重量:2,140kg、最大速度:612km/h 爆弾:1,200kg 動力:4式1号20型火薬ロケット3基

三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型

1937年の日華事変後、小規模ながら中国空軍の空襲を受けました。このため海軍は、基地防空用の高速戦闘機の必要性を感じたため、14試局地戦闘機の開 発を三菱に提示しました。この計画案を受けた三菱では、強力なエンジンを搭載することを考え、要求書に従い決定したエンジンが大直径なため、空気抵抗を考 え延長軸を使いエンジンを後方に配置し、機首をしぼり込んだ紡錘型胴体の従来の日本機にはないデザインになりました。1942年、試作一号機が審査され着 陸速度の速さや、視界の悪さが指摘されましたが、風防形状を改修するなどの変更後、雷電11型(J2M2)として、1943年9月から生産が開始されまし た。雷電21型(J2M3)は、7.7mm機銃から20mm機銃4挺を装備し武装を強化した型で雷電各型の中で最も多く生産されました。その後、排気ター ビン過給器装備の32型(J2M4)、風防を大型化し、エンジンを火星26型に換装した33型(J2M5)、火星26型が揃わずエンジンは雷電21型と同 じ火星23型甲のままで風防を大型化した31型(J2M6)と、合計約500機生産され、日本本土に進入する敵爆撃機の迎撃に活躍しました。

《データ》31型(J2M6) 乗員:1名、全長:9.7m、全幅:10.795m、全高:3.81m 、全備重量:3,435kg、主翼面積:20.05 、最大速 度:589km/h、エンジン:三菱火星23型甲、離昇出力:1,820HP、武装:20mm 機銃×4

九州 J7W1 十八試 局地戦闘機 震電

震電は第二次世界大戦、太平洋戦争の末期1945年8月3日、九州の蓆田(むしろだ)飛行場で初飛行しました。この機体は非常に珍しい形をした機体 で主翼を後ろに持っていき通常水平尾翼と呼ばれる小翼を前に配置したものです。エンジンは機体の後部にありプロペラが後ろ向きに取り付けられています。エ ンテ翼と呼ばれるこの方式は、機首にプロペラがないために機銃を機体の中心に装備することにより命中率を上げることができます。また機体のラインがなめら かになり高速を出すことができます。震電はB-29などの長距離爆撃機を相手に戦闘するために作られましたが、8月15日戦争が終わり活躍は全くしません でした。

《データ》乗員:パイロット1名、機体全幅(主翼幅):11.11m、機体全長(プロペラスピナー後端まで)9.76m、全高(地面から垂直尾翼先 端まで):3.92m、エンジン:「ハ43」42型空冷式エンジン、エンジン出力:2,030馬力、最大速度:高度8,700mで750km/h、機体に 搭載された武装:30mm機関砲が4門

(速度は震電が飛行中最も効率がよい気圧や気温の高度で測定したものです。この高度は機体によって違ってきます。震電は初飛行から戦争が終わるまで短かったため、最高速度は計画予定の速度です。)

中島 キ43 一式戦闘機 隼 II型 後期型

中島97式戦闘機(キ27)が制式採用となった昭和12年12月、 陸軍は中島1社に対して次期戦闘機(キ43)の試作指示を出しました。 翌年の12月試作1号機が完成、テスト飛行の結果、97式戦闘機と比較して最大速度が30km/hほど上回るものの、運動性が劣り次期戦闘機としては力不 足でした。その後、翼面積の変更、エンジンの換装などいろいどな改修がおこなわれ、昭和15年9月までに13機(試作機3、増加試作機10)が完成しまし たが、格闘戦至上主義の軍を納得させることは出来ませんでした。しかし、そのころ参謀本部では南方侵攻作戦でシンガポール攻略には船団を援護する大航続力 の戦闘機が必要と考えており、不合格のレッテルを貼られる寸前のキ43に、遠距離戦闘機として活路が見いだされたのです。昭和16年4月には改修機がテス トされ要求の航続力も得られ、また、格闘戦も垂直面では優れていたため昭和16年5月一式戦闘機として制式採用が決まり、同年の6月から8月にかけて約 30機のI型を飛行第59戦隊が受領しました。隼I型は主にビルマ方面に投入され緒戦の快進撃におおいに貢献したのです。 一式戦闘機II型はエンジンをハ115に換装、機体デザインが洗練され、諸性能の向上を図ったタイプで、II型が実戦配備となるとバファロー、ハリケー ン、P-40等を相手に優位に戦っていましたが、後のスピットファイア、P-38などには苦戦を強いられました。しかし、当時陸軍戦闘機の中でもっとも取 扱いが容易で、稼働率も高かったため終戦まで量産が続けられました。

《データ》 乗員:1名、全幅:10.84m、全長:8.92m(水平姿勢)、全高:3.27m(水平姿勢)、全備重量:2,590kg、エンジン:中島ハ115、離 昇出力:1,120hp、最大速度:515km/h/6,000m、武装:12.7mm機関砲×2

川崎 キー61-I 三式戦闘機 飛燕 I型丙

三式戦闘機飛燕は、太平洋戦争で活躍した日本戦闘機中唯一の液冷戦闘機です。徹底的な抵抗と重量の軽減に努力を払った結果、
中戦と言う言葉に表わされるように速度と運動性の双方を最大限に発揮できるバランスの良い機体として完成しました。
昭和18年に正式採用されましたが、基礎工業力の無さから来る生産の不手際と整備の不慣れによるハ40液冷エンジンの不調が泣き所でした。それでもフィリピンやニューギニア、そして本土防空戦で活躍しました。
特に本土防空戦ではきちんと部品供給が行われ、ベテラン整備員の働きにより高い稼働率を維持し、また他の日本機に比べ高空性能が良かったため対B-29戦 闘に奮戦しています。とりわけ、飛行第244戦隊では陸軍史上最年少の戦隊長、小林照彦大尉を筆頭に激しい戦いぶりを見せ終戦までにB-29を160機以 上撃墜し、随一の部隊戦果を誇りました。
1型丙は、乙型の主翼武装を20mm機関砲にした型です。当時日本には実戦に使える20mm機関砲が無かったためドイツのMG151/20が搭載されました。
丙型は甲、乙型からの改修機と新造機あわせて388機生産されました。

《データ》乗員:1名、全幅:12.00m、全長:8.74m、全高:3.70m、エンジン:ハ40(1,100馬力/4,200m)、最大速度:580km/5,000m武装:20mm砲×2、12.7mm銃×2、

中島 二式単座戦闘機 II型丙 鍾馗

昭和13年、用兵思想が軽戦格闘主義から高速一撃離脱戦法へと移行したころ陸軍では、軽戦のキ-43の試作発令とほぼ同時期に、速度、上昇力、急降 下性能などを重視した高速重戦闘機キ-44の試作指示を中島に発令しました。中島では陸軍の要求を満足させるため大出力のエンジンを選び直径は大きいが、 当時最大の出力を持ったハ-41に決定、これにより機首は太くなり主翼は高速化のため翼面積をけたはずれに小さくし、主翼後縁には中島独特の蝶型フラップ を採用して空戦時及び離着陸時の性能を高めました。テストの結果、離着陸時の視界不良や低速時の安定性の悪さに、九七式戦闘機の慣れたパイロットは戸惑い 評判はよくありませんでした。しかし、Bf-109Eや川崎キ-60との性能比較では、キ-44の方が優れていたため、昭和17年に二式単座戦闘機として 制式採用され後に通称を”鍾馗”と命名しました。ハ-41を装備した機体は二式単座戦闘機一型、さらに強力なエンジンハ-109を搭載した機体は二式単座 戦闘機ニ型と区別しました。また、ニ型には武装、装備の違いにより甲、乙、丙があり、昭和15年~昭和19年の間に各型合わせて1,227機生産され、防 空任務について敵爆撃機の迎撃に活躍しました。

《データ》二式単座戦闘機ニ型乙
乗員:1名、全幅:9.448m、全長:8.843m、全高:3.248m(水平)、全備重量:2,764kg、最大速度:605km/h 高度5,200m、巡航速度:400km/h 高度4,000m、エンジン:ハ-109、離昇出力:1,520hp、武装:12.7mm機関砲×2(胴体)、40mm機関砲×2(主翼)、爆弾 30kg~100kg×2

川崎 五式戦闘機 I型 乙

五式戦闘機は、ハ104液冷エンジンの生産遅延による首なし飛燕の増加に対処して、急きょ空冷星形エンジンハ112に換装したタイプです。 本来液冷エンジン搭載機として設計された機体に胴体幅より大きな星形エンジンを搭載するため、土井武夫氏以下の川崎設計陣は懸命の努力を重ね、極めて短時 間のうちにこの改造をなしとげました。 この結果は、前面面積が増したため最大速度が飛燕より若干低下したものの、冷却系統の撤去などによる上昇性能が向上し、さらには全体のバランスが極めて良 くなったため格闘性能や離着陸特性が格段に向上して、F-6FヘルキャットやP-51Dムスタングに対しても互角以上の空戦を挑める様になりました。 昭和20年2月に初飛行に成功した五式戦は本土防空戦のホープとして、ただちに量産の努力が傾けられ、第244戦隊、第5戦隊、第59戦隊、などに重点的 に配備されて本土防空戦に活躍しましたが、空襲による工場の被爆などで約390機が生産されたにとどまり大きな戦力にならずに敗戦を迎えました。

《データ》乗員:1名、全幅:12.0m、全長:8.92m、全高:3.72m、エンジン:三菱ハ-112、離昇出力:1,500HP、最大速 度:580km/h 高度6,000m、武装:20mm機関砲×2、12.7mm機関砲×2、初飛行:昭和20年2月