三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型

1937年の日華事変後、小規模ながら中国空軍の空襲を受けました。このため海軍は、基地防空用の高速戦闘機の必要性を感じたため、14試局地戦闘機の開 発を三菱に提示しました。この計画案を受けた三菱では、強力なエンジンを搭載することを考え、要求書に従い決定したエンジンが大直径なため、空気抵抗を考 え延長軸を使いエンジンを後方に配置し、機首をしぼり込んだ紡錘型胴体の従来の日本機にはないデザインになりました。1942年、試作一号機が審査され着 陸速度の速さや、視界の悪さが指摘されましたが、風防形状を改修するなどの変更後、雷電11型(J2M2)として、1943年9月から生産が開始されまし た。雷電21型(J2M3)は、7.7mm機銃から20mm機銃4挺を装備し武装を強化した型で雷電各型の中で最も多く生産されました。その後、排気ター ビン過給器装備の32型(J2M4)、風防を大型化し、エンジンを火星26型に換装した33型(J2M5)、火星26型が揃わずエンジンは雷電21型と同 じ火星23型甲のままで風防を大型化した31型(J2M6)と、合計約500機生産され、日本本土に進入する敵爆撃機の迎撃に活躍しました。

《データ》31型(J2M6) 乗員:1名、全長:9.7m、全幅:10.795m、全高:3.81m 、全備重量:3,435kg、主翼面積:20.05 、最大速 度:589km/h、エンジン:三菱火星23型甲、離昇出力:1,820HP、武装:20mm 機銃×4

紅の野良猫

投稿者: 紅の野良猫

SW20に乗り15年以上。 部品情報や車のある生活を紹介していく予定です。 自動車ではない乗り物の設計を生業としています。(普通の会社員です) 設計経験10年以上。