三菱 G4M2E 一式陸上攻撃機 24型丁 w/桜花 11型

一式陸上攻撃機は、九六式陸上攻撃機の後継機として設計され、試作1号機の初飛行が昭和14年10月23日におこなわれました。当時の海軍の要求は偵察過荷重状態における最大航続距離4,185km、爆弾または魚雷搭載量800kgの攻撃過荷重状態における最大航続距離3,704km、という過酷なもので、まず航続力を増加するために主翼構造の一部を油密に造り構造をそのままタンクにする、インテグラルタンクを採用、主翼内に多量の燃料を搭載するようにしました。特長でもある葉巻型の太い胴体は爆弾倉を胴体内に設置し、空気力学的にみて十分抵抗を減少させており、独創的かつ卓越した設計により、軍の要求を越えた性能をもつ機体となりました。しかし、後にインテグラルタンクが、一式陸上攻撃機の弱点となり、主翼へのわずかの被弾でも発火し、空戦での被害が多くなりました。各型合計の総生産数は約2,400機でした。

【24型丁(G4M2E)について】
爆弾倉がはずされ中央部に桜花一一型1機を搭載可能にしたタイプで、操縦席、燃料タンクなどに防弾鋼板を設けたため桜花搭載時の全備重量が増大し、飛行性能が低下して、桜花発進前に撃墜されることが多く桜花の母機としての役割はあまり果たせませんでした。(パッケージイラストの桜花(I-13)発進の場面は架空のものです。)

(データ24型丁 G4M2E) 乗員:7名、全長:19.63m、全幅:24.89m、全高:4.11m、正規全備重量:15,500kg、最大速度:396km/h 高度4,600m、エンジン:火星25型 x2、離昇出力:1,850HP、武装:20mm 機銃×4、7.7mm 機銃×1

(データ桜花一一型) 乗員:1名、全長:6.066m、全幅:5.12m、全高:1.16m 、全備重量:2,140kg、最大速度:612km/h 爆弾:1,200kg 動力:4式1号20型火薬ロケット3基

紅の野良猫

投稿者: 紅の野良猫

SW20に乗り15年以上。 部品情報や車のある生活を紹介していく予定です。 自動車ではない乗り物の設計を生業としています。(普通の会社員です) 設計経験10年以上。