エンジン不調

【車種】
GT-S

【発生場所】

【症状】
初期症状は、ブーストがかからなくなりました。その後、悪化し、エンジンが吹けなくなり、走行中にエンストするようになりました。ほぼ、走行不能の状態になりました。

マフラー内部にススが多数発生していることから、吸気系の不具合だと推測しました。あるいは、コンピューターの不具合も可能性に含めました。

【原因】
純正バキュームホースの経年劣化でした。

ホースの不具合1

プレッシャーセンサーに向かうホースの亀裂

ホースの不具合2

サージタンクに向かうホースの亀裂

【修理または対策】

発生したのは3ヶ月ほど前のことになります。

初めは、コンピューターの不具合だと判断し、Ⅳ型のコンピューターに付け替えました。
しかし、不運なことに、当時はⅣ型もエンジンがかからない状態でしたので、新品のフリーダムコンピューターを購入しました。
それでも、症状は治らなかったため、吊るしのものはダメなのかと思い、中古のパワーFCを2台購入しました。
いずれもダメでした。

残るは、吸気系だと判断し、まずはプレッシャーセンサーを新品に交換しました。
しかし、症状は変わらず。

ブーストかからないため、ターボパイプの亀裂も視野に入れ、クスコのアルミ製ターボパイプに交換しました。
しかし、変化なし。

ブリッツのブローオフバルブも中古品を入手し、交換。
変化なし。

悩みに悩み、目視による、エンジンルームの点検に取り掛かりました。もう、ホース類か、インタークーラーの破損くらいしか考えつきませんでした。

バキュームホースを1本1本確認したところ、2本のホースに不具合を発見しました。
1本はサージタンクに向かうホース。もう1本は、プレッシャーホースに向かうホースでした。プレッシャーホースに向かうホースの中間にブーストコントローラー用の三俣を取り付けていました。そこの部分に大きな破損が見つかりました。

ホースを手持ちのものに交換したところ完治。

久しぶりにターボパワーを堪能しました。

SW20は、製造から20年ほど経つ車です。バキュームホースはSARDなどのメーカーの信頼性のあるシリコンホースに交換することを推奨します。全数交換を推奨します。

【修理費用】
ホースだけだったら数百円ですが、いろいろと試行錯誤のために交換しました。おそらく、20万程度と思われます。

 




紅の野良猫

投稿者: 紅の野良猫

SW20に乗り15年以上。 部品情報や車のある生活を紹介していく予定です。 自動車ではない乗り物の設計を生業としています。(普通の会社員です) 設計経験10年以上。

コメントを残す